【獣医師監修】ふくろうを飼うなら必ず読もう。

【獣医師監修】ふくろうを飼うなら必ず読もう。-生体や特長、飼育の際の注意点など-

目線を合わせたシロフクロウ

ふくろうはエキゾチックアニマル

ふくろうはエキゾチックアニマルとよばれ、犬や猫のような一般的に飼育されている動物とはいくつかの違いがあります。エキゾチックアニマルには家畜化された動物にはない野性味や、可愛さがあり魅力的ですが、一方、飼育の難易度は高く、知っておくべき知識も多くある奥深い世界でもあります。

ペットショップで販売されているふくろう

ハトぐらいの大きさの小型種のフクロウではコキンメフクロウ、アナホリフクロウ、アフリカオオコノハズク。カラスぐらいの大きさの中型種のフクロウではメンフクロウ、ウラルフクロウ、モリフクロウ。大型種のフクロウではベンガルワシミミズク、シロフクロウ、カラフトフクロウなどの種類が販売されています。

ふくろうはどんな動物?

神経質な鳥、ふくろう

ふくろうの性格は小型種~大型種までのさまざまな種類によって異なります。小型種ほど神経質で、大型種ほど野性味が強いといわれていますが、インコやオウムなどの一般的に飼育されている鳥類と比較すると、とても神経質で物音に敏感、人に慣れるまでに時間がかかる、攻撃性がある、という特徴があります。

神経質なのは、野生の猛禽類ゆえ

これらの性格はタカやワシと同じ猛禽類とよばれる種類の鳥の特徴でもあります。ペットショップで販売されているふくろうは、家畜化されている鳥ではありません。野生下での彼らは視界の利かない夜の闇の中で、わずかな音を頼りにねずみなどの獲物を探し捕食します。加えてカラスなどの野鳥は猛禽類を群れで追い払う習性があり、ふくろうは一日中気を張ったまま生活しなければなりません。

気難しいけれど…

一言で言ってしまえば、ふくろうは気難しい鳥です。しかし、ふくろうの飼育はけして魅力的でないわけではありません。ふくろうはあなたの世話や愛情を、彼らの方法できちんと返してくれる鳥です。品種改良された動物である犬や猫のようにふるまうことはできないかもしれませんが、あなたがふくろうという野性動物を理解すればするほど、ふくろうもまた少しずつ距離を詰めてくれるでしょう。

笑顔(?)が可愛いシロフクロウ

ふくろうを飼う時の環境

エサについて

ふくろうを飼うとき最初に考慮しないといけないことがあります。ふくろうは完全な肉食性の鳥類であるということです。ふくろうが健康に暮らすためには血抜きされていない生肉が必須であり、スーパーで売っている鶏肉などでは飼育できません。 ふくろうの食事としてよく与えられるものとして、ピンクマウス(マウス胎児)、ヒヨコ、ウズラ、コオロギなどの虫類があります。これらは生餌を冷凍した状態で販売されています。

飼育に必要なスペースについて

ふくろうを飼育するためにはある程度の広さのスペースが必要です。ふくろうの飼育方法には大きく分けて係留飼育、ゲージでの飼育、放し飼いの3種類あります。止まり木と専用の足紐を使用する係留飼育では比較的狭いスペースで飼育が可能ではありますが、ふくろうは大きな声で鳴く、肉食のため排泄物の臭いが強い、大量の羽毛が抜ける、馴化(人に慣らす)させるために静かで落ち着いた空間が必要、という点からアパートなどのスペースを取りにくい物件での飼育は現実的ではありません。

ふくろうにとって快適な環境とは…?

ペットとして販売されているふくろうは種類によってもともとの生息地が異なり、至適温度や湿度が異なります。しかし、一般的にふくろうにとって日本の気候は高温多湿であり、一年を通してエアコンやヒーターなどで温度が保たれており、ある程度の風通しが確保された環境が必要にです。

ふくろうを飼う際の注意点

ふくろうは聴覚が良く音に敏感であり、憶病で神経質な動物です。ふくろうを怯えさせないためには、大きな音を立てない、大きな動きをしない、急に動かない、不用意に近づかないことが大事になります。

また、ふくろうはしつけのできる動物ではありません。ふくろうは叱られることで人間への恐怖心を覚えます。馴化のためには人間を怖がらせてはいけません。

ふくろうは自衛のために爪でつかみかかることがあります。野生下で狩りをおこなうために発達した爪は大変鋭く、危険です。お互いのためにも、無理のない世話をするように心がけましょう。

ふくろうを実際に飼おう

日頃のケア:餌や水のあげ方

ふくろうは日に1~2回の食事が必要です。食事では前述した冷凍された生餌を解凍したものを与えます。

ふくろうは生餌から水分を補給しますが、水入れからも飲水します。また、水入れから水浴びをおこなうことがあるため、大きめの容器が必要になります。

日頃のケア:ふくろうを清潔に保つ

ふくろうを病気から守るためには常に清潔な環境で飼育することが重要です。止まり木や床は糞や羽毛で汚れやすく、病原体の増殖の場になります。また、食器に残ったペリット(※1)や食べかす、汚れた水も同様に感染源になります。こまめに掃除をするように心がけましょう。

※1:ペリットとは猛禽類が食後に吐き出す餌の消化できない部位の塊のこと

日頃のケア:健康チェック

ふくろうを飼育する上で、病気の早期発見・早期治療は非常に重要になります。ふくろうはうさぎやハムスターなどの他のエクゾチックアニマルと同様に、体調不良を悟らないようにふるまいます。これは野生下で外敵から身を守るための本能です。

体調不良を隠してしまう動物の異変に気が付くためには、毎日の観察が大切です。毎日、正しく動物を観察することで、ある程度の正常像の範囲がつかめるようになります。

目にみえて元気がなくなる、食欲がなくなることは命に関わるような体調の大きな異変を表しています。一方、そのような大きな体調不良を引き起こす原因となるような小さな身体の異変は、糞やペリットの状態や、佇まいや警戒心の程度、運動性のわずかな変化として現れます。

注意するべき病気 / 病気の症状

栄養性疾患

ふくろうで多い疾患として誤った食事内容による栄養性疾患があるといわれています。給餌のしすぎや運動不足が原因となる肥満症、ビタミン不足が原因となる骨折、バンブルフットなどの疾患がみられます。

栄養性疾患を防ぐために、餌は単一のものだけではなく、いくつかの種類をローテーションして栄養バランスを保つようにしてください。また、生餌に含まれる肝臓をはじめとしたの内臓はビタミンなどの栄養に富んでおり、ふくろうが健康に生活するために摂食する必要があります。

肢(あし)の疾患

止まり木や、足輪を使って係留する飼育方法では肢(あし)に負担をかけることでバンブルフットや、足輪による絞扼(こうやく)などの疾患が発生します。バンブルフットは栄養不足や過重負荷によって肢裏に腫瘤が形成される疾患です。腫瘤に細菌感染を引き起こすことがあります。絞扼は足輪で血流が滞り、うっ血する疾患です。肢の腫れや、壊死を引き起こします。

ふくろうの肢の疾患では、肢が腫れる、罹患している肢に過重しないなどの症状がみられます。

感染性疾患

ふくろうでは真菌性の呼吸器疾患であるアスペルギルス症がよくみられます。アスペルギルスはかびの仲間であり、環境中に普遍的に存在します。ストレスや栄養不足などの原因で免役力が低下したふくろうがアスペルギルスを吸引することで、感染が成立します。

アスペルギルス症は難治性であり、一度感染すると死の転帰をたどる場合もあります。ふくろうの飼育環境を清潔に保つ、適正な温度・湿度で飼育することが重要になります。

ふくろうがもし病気になったら

ふくろうが病気になったときは動物病院を受診しましょう。エキゾチックアニマルの中でもふくろうは飼育数が少ないこともあり、動物病院によっては診察が出来ない場合があります。

ふくろうの体調が崩れる前に、ふくろうの診察をおこなっている専門病院をみつける、または診察が可能であるかどうかを動物病院に問い合わせる必要があります。

ふくろうが入れるペット保険比較。姉妹サイト「日本のほけん・ペット保険比較」ふくろうページへ移動します。

こちらを睨むコキンメフクロウ

ペット保険・鳥の他の記事

関連アイテムはまだありません。

アニコム損保の口コミ

アニコム損保について詳しく見る

  • アニコム損保・どうぶつ健保しにあ
  • アニコム損保
    どうぶつ健保しにあ
  • どうぶつ健保しにあは、高齢な犬、猫が入れる、加入年齢に上限の設定がない「何歳でも入れるペット保険」。入院・手術を補償するプランですが、腸内フローラ測定「どうぶつ健活」の結果が良ければ、通院を補償するプランに移行することも可能。
  • 続きを読む

取り扱いペット保険会社一覧